不思議な出会い

Posted on 木曜日, 12月 27th, 2012 at 3:31 AM

(本日起こったことを、ありのまま記録として残します)

会社忘年会が終わり、終電がそろそろちかくなってきたため、地下鉄に乗り電車で帰宅途中。

地下鉄に乗り、車両出口近辺で立ったまま移動時間を過ごしていると、いきなり罵声が電車内を飛び交う。
「足踏んでんじゃねえよっ!!」

自分が立っている座席の真横で、出口近く端に座っているスーツ・ネクタイを着ている男性Aが、隣の男性Bに罵声を浴びせてた。
足を踏んだと思われる隣の男性Bは、ひたすら「すみません」と謝っていた。
罵声を浴びせた男性Aは、そのま携帯電話に目を向け、必死になにやら情報を確認・収集中。

この状態のまま二駅程過ぎると、大勢の人が乗り込み、混み始める(乗車率120〜140%くらい)。
そして、そこで違和感を感じる。
(混み合っているのに、さっき罵声を浴びせた男A、股全開に開いて二人分くらい座席占拠してるじゃん!!」
そして、(罵声を浴びせた迷惑な男A/Aの足を踏んでしまい謙虚に謝った男性B/男性Aの座席利用状況が影響し座るには窮屈な狭い席、座るか迷っている女性C」という構図。

凄く不自然というか、「Aが大股開いてなければそもそも足踏まれないよな!」となり、自分が納得できない状況だったため、男性Aに一言、肩をトントンとたたき、あくまで丁重に「隣の人に文句を言う前に、座席が狭くて座れない人が居るので、股狭めたらどうです?」と言ったところ、胸ぐらをつかまれ「ゴルァッ」となってしまう。(ここでお気に入りのセーターの胸元が破ける、、、)

更に、本日自分は休日だったので、カメラをぶら下げ、かなりアウトドアな服装がAの気に障ったのか、「スーツ、ネクタイもしないでニートがゴルァッ!」とか、「こんな仕事してないカメラオタクがゴルァッ!」云々などなど、「とりあえず股閉じろよ」といってもかき消され、平日にネクタイ、スーツ着てないことをいちゃもん付けられる。

「休日仕事している人はいつ休むの?」と突っ込みをいれたくなるが、もうどうでもいい、、、「スーツ着てるんだったら、社会人として、股閉じて一人分の席利用しろ、周りを良く観ろ!自分を観ろよ!」と言いたいところだが、火に油を注ぐ状況だし、こちとら暴力は反対・大人だし、めんどくさいのでそのまま無視。

すると「Aの足を踏んでしまい謝った男性B」に「時間があれば少し飲みませんか」と誘われ、手前の駅で降り、女性のCさんも近隣との事で、お酒をご一緒させていただいた。

「世の中って、、、」て凹んでしまうような状況だったところ、Bさんからのお誘いで救われた。

前回も書いたけど、「つながり」って不思議です。

また、Aとつかみ合いをしていた時に(というか、つかまれる一方でこちらは防御のみ)、間に入ってなだめて途中下車した若者Dにも感謝します。

そもそも平日にネクタイ・スーツ着てないとか云々講じる前に「自分が電車に乗っているときの相対的な状況みえてんの?」と言いたい。
というか気づいてね。みんなの電車なので。

Bさん、Cさんと下車したときに車内を振り返ってみると、相も変わらず満員電車の中で大股を広げて携帯に熱中しているAでした。

Responses (6)

  1. Ane より:

    konkai ha nanigotomo naku yoihitotachini deaete yokattakedo, yononakaniha ichamon tsukete sakauramishite nenimotte hitoni kigaiwo kuwaerunowo nantomo omowanai hitomo irunode, juubun kiwotsukete kudasaine.
    nidoto sonohitoni souguu surukotoga arimasenyou inottemasu.

    • admin より:

      まーちゃん元気?カナダは寒そうですね。
      スーツを着てるから大丈夫かと思ったけど、見かけによらずいろいろな人がいますね〜
      気をつけます。

  2. よしだ より:

    タケシのそういう行動は倫理的に正しいかもしれないけど、
    俺もこの日記読んで、ちょっと心配というか、気をつけたほうがいいと思いました。

    タケシから、他人の悪事を注意する類の話を何度か聞いたことがあるからね。
    酒じゃなく、色んな事で頭がおかしくなっちゃってる人がいるからね。
    でもまあとりあえずカメラが無事?でよかったね!(笑)

    • admin より:

      よしださん。忠告ありがとうございます。
      今回の件でホント気をつけなきゃと思いました。傷害事件になる事もありますよね。

      実は対応中カメラぶら下げてたので、8割くらいは「カメラ触るな〜、壊すな〜、ローンすらまだ始まってないよ〜」って意識がいってました(笑)

  3. むらた より:

    年の瀬なのか僕も道でいきなりタックルされた直後だったので、思わずコメントします。僕もつい忠告しちゃうタイプなんで凄く共感しました。前に薬局で薬剤師さんにどなり散らすおっさんに注意してコートを破られた事があったんで思い出しました。笑 その時も素敵な大人がいて救われたのですが、なんだろう、未熟な人も大人な人もいて、本当に様々ですよね。 とただ怪我は面白くないですし、お互い気を付けてましょうね。

    • admin より:

      むらたさん。いきなりタックルとは、、、
      世の中いろんな人がいて価値観が違うし、自分も鈍感なほうですが、そういった事に気づかせてくれる友達や先輩、先生や師匠に出会って今があるので、自分は幸せだと思います。
      そんな事に気づけない今回のAさんは、今まで気づかせてくれる環境がなかったのであれば可哀想ですね。
      まあ、あちらから観れば、こっちが頭おかしいと思われているので、お互いの落としどころがないので残念です。
      どちらにしても暴力反対ですし、怪我しないように気をつけましょう。

Leave a Reply

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.